日焼けしたお尻のレーザー脱毛は効果が出ない事もある

女性にとってみれば誰もが全身パーフェクトなボディを実現してみたいと願うもの。

その中でもちょうど自分の裏側にある大事なアピールポイント、お尻のお手入れは欠かせません。

人によっては知らないうちに自分の死角ではムダ毛が生えていて、
全身ツルツルなボディにおいて唯一異彩を放っているということも大いにありうるものです。

自力では処理不可能な部分ですので、
この脱毛施術には専門のエステサロンや美容整形外科などを利用するのがよいでしょう。

しかしながらこのお尻の脱毛施術において気になるのは日焼けしている場合の対処です。

そもそも脱毛施術ではレーザーやフラッシュを利用したものが一般的なのですが、
これらは主に皮膚真層にある毛根部分の黒いメラニン色素に刺激を与えることで成長作用を抑制させるといった働きがあります。

これがもしも該当部分が日焼けしている状態だと、
レーザーがムダ毛のメラニン色素の黒色と日焼けの黒色とを分けて認識することが困難となり、
安全性や正確性を配慮した上で出力を下げて照射しなくてはいけなくなってしまいます。

これらの問題点もあって、
お尻の脱毛レーザー施術前には決して日焼けをしないで臨まなければなりません。

またもしも何か理由があって日焼けしてしまっている場合には、
機を改めるか、あるいは施術者に相談した上で最良の対策法を考えてもらうのがよいでしょう。

札幌 脱毛
札幌でお尻の脱毛で人気のサロンを紹介しています。
お尻の脱毛にはヒップとヒップ奥の2種類があるので注意が必要です。